花粉症は花粉に反応して鼻水や目の痒みなどの症状が出てしまうものであり、人によっては数種類の花粉に反応してしまうこともあります。
春などの季節になると外に出かけるのが辛いという人も多いでしょう。
そこで家庭でできる対策方法を知っておくのがおすすめです。
食事に気を付けるだけでも症状を緩和することができます。

花粉症は原因となる物質に体が過剰反応してしまうという症状です。
家庭でできる花粉症対策としては、自分の免疫力を高める栄養素を摂取するということです。
また、有害な成分を減らしてくれる栄養素を摂取することも大切です。
食事を変えてもすぐに治るわけではありませんが、症状を軽くすることはできるでしょう。

花粉症を予防するためには自分の免疫力アップさせる栄養素を摂取することがポイントです。
症状が出てからだと効果が出にくいため、事前に免疫力を高めておくことが大切と言えるでしょう。
それによって花粉症の症状が出てしまっても軽い症状で済むことが多いです。

モロヘイヤやニンジンなどにはビタミンAが含まれており、皮膚や粘膜を正常に働かせることで外部からの有害物質の侵入をガードすることができます。
ピーマンやブロッコリーにはビタミンCが含まれています。
ビタミンCも皮膚を強くする働きがあるため、積極的に摂取していくと良いでしょう。

ヨーグルトや納豆、味噌などの発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌などが多く含まれています。
これらは善玉菌と呼ばれており、腸内の悪玉菌を減らすことで体に有害となる添加物の排出をサポートしてくれます。
また、腸内環境を整えることで免疫力アップや花粉症の症状を緩和することにも繋がります。

ちなみに、チョコレートも発酵食品の一つであり、ポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールは苦みを伴う色素成分であり、抗酸化作用によって細胞の老化を防ぐ効果があります。
細胞の老化を防ぐことで免疫力アップを高めることができるでしょう。

花粉症はヒスタミンという物質によって引き起こされます。
そこで花粉症の症状を抑えるためにはヒスタミンの働きを抑えることが大切です。
青魚に含まれるDHAやEPAにはヒスタミンの働きを抑える効果があり、積極的に摂取していくと良いでしょう。

食事の量を減らすと花粉症が治る?なぜ?

花粉症は食事の量を減らすと治ると言われています。
また、症状を緩和するためには砂糖を控えることや野菜を多く摂取することも大切です。
そのような食生活を送ることで花粉症の症状を軽減できることはもちろん、風邪などの予防にも繋がるでしょう。
また、きちんと睡眠を取れるようになったり、疲労回復などの効果も期待できます。

なぜ食事を減らすと花粉症が治るのか知っておくと良いでしょう。
食事を減らすと内臓にかかる負担を減らすことができます。
人間の体は消化と運動の2つに同時にエネルギーを使うことができません。
そのため食べ物を紹介している間は体を動かしにくくなります。

昼食を食べた後に眠くなるのは仕方ないと言えるでしょう。
消化にエネルギーを使う必要があるため、体を動かすことに使うエネルギーは十分にないということです。
また、食べる量が多い場合や糖質を食べた時にはさらに眠気を感じやすくなります。
糖質はお菓子だけでなくご飯やパンなどにも多く含まれています。
糖質は消化をする際にたくさんのエネルギーを使うため、眠気が出やすくなると言えます。

食事を減らすとことで消化にかかる時間が減りますし、内臓にかかる負担も軽減できます。
それによって免疫力がアップするため、花粉症の症状を軽くすることができるという仕組みです。
消化と免疫の働きを同時に行うことはできませんし、消化を行っている時は体がウイルスや細菌などに対して弱くなってしまいます。
しかし、食事の量を減らせば消化を行う時間が短くなるため、花粉症の原因となる物質に対しても強くなります。

花粉症の症状を緩和したいという場合、食事は1日1食にすると良いでしょう。
基本的に夕食だけを食べるようにするのが良く、それによって免疫力を高めることに繋がります。