食材で花粉症対策したいという方におすすめなのが、じゃばらという食材です。
じゃばらとは、和歌山県の北山村周辺地域で生産されている柑橘の一種です。
ユズなどの交雑種から和歌山県の北山村周辺地域の気候に合っていて定着したものと言われていて、独特の香りや苦み、すっぱさを持っています。
岐阜大学医学部によって進められた研究により、じゃばらに含まれているナリルチンによる効果が認められています。

じゃばらにはフラボノイドの一種であるナリルチンが含まれています。
このナリルチンには、花粉症の症状が出てくる過程で発生する「脱顆粒(だつかりゅう)」を抑制する作用が分かりました。
「脱顆粒(だつかりゅう)」を抑制する作用によって、じゃばらには花粉症の諸症状を抑える働きが期待できます。

花粉が体内に入ることで花粉が細胞に結びつきます。
結びつくことが刺激となって細胞から化学物質などが放出されますが、その放出される現象を「脱顆粒(だつかりゅう)」と呼びます。
放出された化学物質などにより花粉症の諸症状が現れるため、「脱顆粒(だつかりゅう)」を抑えることが花粉症の症状を抑えることに繋がります。

じゃばらという食材を摂ることにより「脱顆粒(だつかりゅう)」を抑えることが出来るわけですから、じゃばらという食材を摂ることで花粉症の症状を抑える作用が期待できます。
くしゃみや鼻水といった症状がじゃばらという食材によって抑えることができるのであれば、薬に抵抗がある方でも手軽に取り入れることができます。

じゃばらは柑橘の一種ですから元々が食用です。
天然由来で安全なうえ、眠気など気になる副作用の心配もありません。
花粉症が薬で治せると分かっていても、妊娠中や授乳中など薬を飲めない時期もありますので、そのようなときに便利です。
また、元々が食用のものですから、薬との併用に問題があるというわけでもありません。

花粉症の症状を抑えるには、花粉の飛散が始まる前から対策を行うと効果的です。
飛散の時期を100%あてるのは難しいですし、冬場でも暖かい日に少しだけ飛散するような場合もあります。
薬で対応するのが難しい時期の対策も、食材であれば無理なく行うことができます。

じゃばらは食材ですが、ジュースやサプリメントなど手軽にとることができるように加工されているものもあります。
柑橘をフレッシュなまま常に用意しておくのは難しいですが、サプリメントなどに加工されているものがあれば常備することも可能です。

花粉症には二次症状などもありますので、症状の軽減ができるだけでも対策としては有効です。
花粉症の時期を快適に過ごしたい、花粉症かどうかはっきりしないけれど症状に思い当たるものがある、薬はできるだけ避けたい、流行する季節以外の時期にも突然症状が出て困る、といった方など、花粉症でお困りの方はじゃばらという食材をチェックしてみるとよいです。